大般若会

大法寺では毎年4月21日に大般若会が行われております。上田市周辺の天台宗寺院の僧が三重塔近くの観音堂に集まり、午後1時頃より大般若波羅蜜多経の転読が始まります。大般若会後に十一面観音菩薩の御開帳を行います。当日は甘茶や智慧団子がふるまわれるとともに、境内に咲き誇る桜を楽しむこともができます。

 

大般若会では、大般若波羅蜜多経600巻の転読(経題や経の初・中・終の数行を読む)が行われ、国家安穏、家内安全、厄難消除などを祈願します。大般若経は、西遊記のモデルとなった三蔵法師玄装がインドより持ち帰った経をまとめたもので、「空」の教えが説かれております。転読に際に生じる風は梵風と呼ばれ、この風にあたることで所願成就すると言われておりおります。またこの経を供養することで、般若守護十六善神により護持されるとされております。

 

大法寺 大般若会
大法寺 桜
大法寺 桜