天台宗 一乗山 大法寺

 

  万葉の和歌集で、信濃路の険しさや都から遠くはなれた寂しさが歌われた東山道の浦野駅(うまや)近く、鎌倉時代末期に一つの塔が建てられた。何故この信濃の山奥に、はるばる都から一流の大匠(だいく)が招かれ、京都や奈良の建築に比肩する洗練された塔が建てられたのか

 その三重塔はそのあまりの美しさから、ついふり返りふり返り眺めてしまうことから、いつしか「見返りの塔」と呼ばれ親しまれてきた。周囲の自然とうちとけたその美しい姿はいまに変わらず、訪れる人を魅了し続けている。


大法寺 国宝 三重の塔


《 参拝案内・問合せ 》


大法寺の歴史


他の文化財





長野県 大法寺 国宝 三重塔 桜

お知らせ・更新情報