大法寺の歴史

大法寺 国宝 三重の塔

信州でも有数の古刹

 一乗山大法寺は、かつて大宝寺と書かれ、奈良時代の大宝年間(701年~704年)に、藤原鎌足の子の定恵によって創設された、信州でも有数の古刹であります。近くを通る東山道の浦野駅の駅寺として建てられました。

 平安初期の大同年間(806年~810年)に、坂上田村麻呂の祈願から天台宗座主・義真により再興が図られました。室町時代から江戸時代までは、戸隠山観修院の末寺となっておりました。

 

奈良時代から信仰が根付く地

 大法寺がある長野県青木村当郷の地は、「日本霊異記」に書かれている他田舎人蝦夷(おさだのとねりえみし)が住んだ信濃国小県郡跡目郷であったとされており、奈良時代から仏教信仰が根付いていた地であります。またこの地は、「政治要略」や「延喜式」では塩原牧、「吾妻鏡」では浦野庄と記されており、古くから周辺牧場関係者や地頭の崇拝を受けてまいりました。

京都や奈良に比肩する文化財

 国宝に指定されている三重塔をはじめ、十一面観音像などの国指定重要文化財3点、長野県宝1点など、多くの文化財が大法寺に残されております。東山道を通じて中央の文化が直接伝わったことで、信濃の奥地にも奈良や京都に比肩する文化財がいくつも造られ、こんにちに伝えられています。