御朱印

御朱印は納経ともいい、もともと写経を奉納したことを示す印を指しておりました。日本最古の説話集である日本霊異記には、大法寺周辺に住む者が写経を行い奉納をしたことが記されております。また、写経の証明として札を確認する記述もあり、御朱印につながる仏教習慣が、奈良時代より大法寺周辺にあったことがわかります。

 

大法寺では、「大法寺」、「十一面観音」と「普賢菩薩」の御朱印を用意しております。また季節に合わせた限定朱印(書き置きのみ)も取扱しております。

大法寺 国宝 三重塔

桜 4月~5月

大法寺 御朱印 季節限定 桜

紫陽花 6月~7月

大法寺 御朱印 季節限定 紫陽花

百日紅 8月~9月

大法寺 御朱印 季節限定 百日紅

紅葉 10月~11月

大法寺 御朱印 季節限定 紅葉